必見!セクキャバの時給がヤバい!!

必見!セクキャバの時給がヤバい!!

2019/06/27
478 views

ヘルスほどのサービスはせず、キャバクラほどに喋らなくてもいい、それでいて高収入が狙える”セクキャバ”を皆さんご存知ですか?

存在は知っていても、どういうお店なのか、どういったサービスをするのか、どれくらい稼げるのかという点は意外と皆さん知らなかったりするんです。

そこで今回は時給の話を中心にセクキャバについて1から解説していきます。

セクキャバってそもそも何?

ヘルス以上キャバクラ未満のお店です。ヘルスのようにキスや胸を触られるなどのサービスはあるが、ヌキや下半身のお触りは禁止という内容です。

基本的にはキャバクラのようにソファ席やボックス席に座ります。そこでお客さんの横につきドリンクサービスをしたりトークを楽しませます。サービスタイム(ダウンタイム)があり、ここでおっぱいのお触りやキスのサービスをします。ここが一番の特徴です。

いわゆる内容としてはおっパブと同じです。

お酒が飲めなくてもいいので、アルコールが苦手な人も働けます。

セクキャバは時給が高い?

性的なサービスがあるので、キャバクラよりも断然高い給料がもらえます。性的サービスといってもヘルスのように過激ではなく、ほぼ触らせるだけのようなものなので、若い女性からも人気があります。

時給で言えば500~1000円ほどキャバクラより高額です。

500円違うだけで1ヶ月換算すると収入は5万円以上違ってきます。約25万円稼げていた人は30万円超えということです。

もちろんより人気が高くなれば給料はどんどん上がっていきます。自分の頑張り次第で更に高時給、高収入が望めます。こちらもキャバクラとは優秀、人気の基準が異なるので、お店の方針などによっては想定以上の人気を得るということもあるかもしれません。

稼げるチャンスもキャバより上って本当?

これは本当です。キャバクラはある程度ルールや接客マナーが求められるので、面倒くさい部分が多々あります。

しかしセクキャバは違います。トークやテーブルマナーが苦手でも大丈夫。これらが苦手でも高収入を稼ぐことが出来るのです。

もちろんキャバクラ要素もわずかではありますがあるので、最低限のマナーは覚えてもらう必要がありますが、ハードルが高いものではありません。

お客さんと密着してキスやお触りのサービスが大丈夫であれば、普通のアルバイトより高収入を稼ぐことができます。

どこまでサービスするの?

男性と女性ともに下半身を触る事はありません。脚を触られることはありますが、太ももまでです。もちろん脱ぐこともありません。

お客さんの勘違いで、それ以上はオプションでお金を積めばなんとかなると考えている人がいますが、お店で禁止されていることなので心配はありません。

お客さんによっては欲求を抑えきれなくなってしまい、行為がエスカレートする可能性もあるのではと不安を覚える人もいると思いますが、大丈夫です。店内は常にスタッフである男性店員が見回りをしています。何かあればすぐに駆けつけてくれますので、安心です。

トークスキルはいらない?

キャバクラはトークスキルでお金を稼いでいるようなところがあるので、非常に高い接客力が求められます。しかしセクキャバのメインはキスやお触りです。トークもあるにはありますが、どちらかといえばこちらがおまけ。深く考える必要はないでしょう。

キャバクラのトークはある意味才能のようなところがあります。しかしセクキャバはトークスキルをそれほど求められないので、誰でも少し働けば遜色ない対応ができるようになります。

そのため、コミュ力に自信が無い人や人見知りな性格を変えたいと思っている女性のトーク練習の場としてもオススメです。

「喋るのも苦手だし、ヘルスのようなヌキ有の性的サービスもちょっと…」と思っている女性にはぴったりのお仕事といえます。

風俗のようで風俗ではない?

夜の世界というのは普通の仕事では味わえない独特な世界が広がっています。魅力的なエリートから少し変わった人まで、色々なタイプの人と関わるので、とても勉強になります。

自分を変えたいという人や、昼職の人とは違ったスキルを身につけたいという向上心のある方にはセクキャバがオススメです。

風俗というとソープやヘルスがメインであり、一般的です。その中でセクキャバはキスとお触り程度しかしないので、ハードルはとても低いと思います。

まとめ

キャバクラよりも高時給で、ヘルスよりも負担が少ないのがセクキャバです。分かって頂けましたでしょうか。トークスキルもそれほど求められず、下半身をお互い触り合う事もないので、本当にキャバクラとヘルスの良いとこどりとなっています。

昼職から初めて夜の仕事に飛び込む場合にもセクキャバは働きやすくオススメです。個人的には変な接客ルールや面倒くさいマナー、しきたりのようなものがほとんどないという点が気楽に働けそうでいいですね。

この記事のライター

mita

mita

大阪在住、28歳のビガーネット編集部員。 広報担当。街中の話題の情報をキャッチするのが得意。趣味は...