デリヘルとファッションヘルスの違いは?

デリヘルとファッションヘルスの違いは?

2019/08/27
362 views

日本の風俗店は1万店以上といわれています。その中で全国で一番お店の数が多い風俗店の業種はデリバリーヘルス、略してデリヘルです。デリバリー(配達)するファッションヘルスということで手軽に利用することができるため人気です。

今回は風俗店の中で最もポピュラーといえるデリヘルについて説明します。意外と分かっていたと思っていても、実はそうでもなかったということも多いですよね。初めて風俗店で働くという人もそうでない人も一読してみることを勧めます。

デリヘルという仕事について

デリヘルはお客さんが通う店舗(建物=“箱”)がありません。それに対してファッションヘルスは店舗で営業してるので箱ヘル”と呼ばれます。つまり、デリヘルは無店舗型ということです。

だからといってお店が無いわけではありません。お店にはお客さんからの予約を受ける事務所と、女性が待機する待機室があります。サービス自体はお客さんが希望する自宅やホテルの部屋で行なうのです。

お客さんから電話やメールで依頼(予約)が入ると店から指示が出ます。
それまでは、待機室で自由に過ごします。待機室は大部屋と個室があり、お店によって違います。

大部屋では複数の女の子が待機しています。おしゃべりしたりTVみたり、
ゲームしたり、雑誌読んだり自由に過ごします。

個室は完全にプライベート空間。仕事まで寝てても良いのです 。自宅待機ができるお店もあります。

指示が出たら、身だしなみを整えるなど準備をします。それから店舗が用意している車で、仕事場まで送迎してもらえます。これがデリバリーと呼ばれる理由です。女性をお客さんのいる場所までデリバリーするのです。

デリヘルのサービスについて

目的地に着くと女の子はお客さんの待つ部屋に向かいます。

最初に料金を受け取ります。
そのあとサービスを行ないます。内容はお店によって違います。

基本的なコースは、一緒にシャワーを浴びたあとは、
ディープキス、全身リップ、フェラ、素股、フィニッシュ等のサービスを行ないます。そのほかはオプションで別料金になります。

コースの時間は45分からが多く、一番人気は通常の60分前後のコースです。当然料金は比例して高くなります。

そして基本コース料金の60%~80%が女の子の取り分。指名料とかオプションの料金は全額、女性の給料となるところもあります。

料金によって高級店や激安店というランクに分けられる仕組みです。

高級店は女の子のレベルも高く、かつ一流のサービスや接客スキルが要求されます。1回あたりの単価が高いので1日に数人接客するだけで高額のお給料をもらえます。

激安店は1本の単価が安いので、お手軽で人気です。本数をこなせば高級店に負けないくらい稼ぐこともできます。けれども、それだけ体力が必要になるので身体的な負担は大きいです。

デリヘルのメリット

店舗数が多いので選択肢が多く、働く場所や条件を選べます。店舗数が多いということは採用もされやすいということになります。風俗を利用する男性の好みは千差万別です。顔が可愛い子が必ずしも天下を取れるという世界ではないのです。可愛すぎると緊張するという男性も多くいます。可愛い子とイチャイチャしたい人はガールズバーやキャバクラを選びがちです。男性が風俗に求めるのはズバリ癒し。そのため顔の良し悪しより雰囲気が優しい女性が人気となりやすいのです。

更に大きなメリットとして時間の融通が効きやすいという点も魅力です。都市部以外の地域の主流はデリヘルです。その理由としては利用する男性客からの支持はもちろんですが、働く女性側からも支持される理由があります。

デリヘルは24時間営業の所も多く、希望する時間帯や曜日に好きなように働く事が出来ます。そのため副業としても人気があります。何も正社員のように拘束され、馬車馬のごとく働かされる必要などないのです。自分のペースを守りながら稼ぐことができるのがデリヘルの最大の魅力かもしれません。

デリヘルのデメリット

ファッションヘルスやソープと違う点として、移動時間があるというのが挙げられます。毎回店舗に近い場所に呼び出されるのならそれに越したことはありませんが、そうはいきません。移動時間だけで往復1時間以上も車に乗らなければならないときもざらにあるのです。

ということはです。その分時間を無駄に使うことになり、稼ぎにくくなります。

さらにせっかく到着してもお客さんからチェンジされてしまうリスクもあります。(お客さんが女の子を気に入らなくて他の女の子に変更すること)

お客さんも色々な人がいるため、チェンジも致し方ないときもあります。しかしその分稼ぐための時間は失われ、ロスとなります。

まとめ

効率良く稼ぐには移動時間のないファッションヘルスの方がいいと思われがちですが、店舗自体の人気も集客に影響しますので、どちらが良いかはケースバイケースです。

自分のライフスタイルに合わせて働く事のできるデリヘルは風俗の入門としてもオススメです。

この記事のライター

アイ

アイ

...