必見です!お礼日記でお客様の心をつかむ方法

必見です!お礼日記でお客様の心をつかむ方法

2019/12/26
58 views

風俗で多くの指名を受けたいと思うなら、ただ店の中で座っていればいいという訳ではありません。積極的に自分を宣伝し、多くの人に知ってもらう必要があります。

そのために最適なツールが写メ日記です。その中でもお礼日記が最も効果的だといえます。

お礼日記とはなんなのか、集客UPのコツは?今回はそんな疑問に答えていきたいと思います。

お礼日記とは

お礼日記とは、接客したお客様に向けたお礼を写メと一緒に載せて上げることです。

  • これでお客様は喜ぶか
  • 他の本指名様が見て、焼きもち焼いて切れてしまうのでは?
  • また会いたくなる写メ日記の書き方は?

などなど、いきなり書こうと思っても何を書いていいのか分からなくなってしまいますよね。

ポイントは以下の2つです。

  • お客様の再来店、新規獲得につながる内容
  • お客様同士を怒らせない(良い刺激になる)内容

これらを気をつけながら書けば間違いはありません。それでは具体的に見ていきましょう。

お礼日記の良い書き方

お客様と楽しんだことを書こう

いつぱい褒めてくれた、かわいいと言ってくれてありがとう的な日記をよく見ます。しかし私の事を褒めてくれた関連はなくても良いです。

合コンの帰りに◯◯ちゃん、今日はカッコいいって言ってくれてありがとう!”って言われたら、え?ナルシスト?って思いませんか?
自分が褒められた事だけが記憶に残っているなら、まだまだです。

「楽しんでくれた?」って言う確認も見ますが、”絶対楽しかった!”って言える時間を過ごすよう工夫するべきです。書くべきことではないです。それよりは自分は楽しすぎて時間が足りなかったよ!って気持ちを伝えましょう。日記を見たお客様もこっちのほうが見ていてうれしいと思います。文章を書くときは、それを読んだ相手がどう思うかを想像して書くことが一番大事です。

愛おしく感じた瞬間などは、お客さんは絶対にわかりません。あなたしか感じ得ない特別な瞬間やタイミングを記し、その感想を書くと喜んでくれると思います。

敬語ではなく話し言葉

ビジネスの現場でも、営業担当は商談の後、必ず相手にお礼メールを送ります。この場合の文体は敬語です。これは自分が社会的に信頼のおける相手だということをアピールするために効果的です。

しかし同じビジネスではありますが、風俗では敬語での日記はやめたほうがいいでしょう。敬語というのはお互いに一種の壁を感じさせるからです。

「プレイ中の〇〇君、すごくかっこよかったよ」などと普通の話し言葉で文章を書きましょう。

話し言葉はぬくもりや親しみやすさが感じられます。敬語はどうしても堅苦しくなってしまうので、相手からすれば突き放された印象を持たれやすいのです。「どうもありがとう!楽しかったよ」と言われると可愛らしいですが、「誠に感謝致します。またのご来訪を私共一同お待ちしております」と言われると、急にどうした?と思っちゃいますよね。

プレイは二人だけの秘密事

お礼日記は大勢の人が見ます。あまり生々しく具体的にプレイ内容を書くと、新規のお客様にマイナスイメージを与えてしまう危険もあります。お礼日記はプレイ内容をすべて書くのではなく、少し匂わせるくらいに留めましょう。ちょっぴり上級テクニックではあります。

「〇〇君の○がすごい良かったな。多分気づいてなかったと思うけど。今度来たら話すね」

などと隠れた思いを少しだけ晒し、さらに営業トークを混ぜると、効果てきめんです。

NG例文 お礼日記

ここから例文を実際に書いてみます。まずはNGな例文から紹介します。

【NG例文】

今日は来て頂いてありがとうございました!(感謝)
たくさん褒めてくれてありがとう〜♡
こんなプレイをして楽しかったね♪(プレイ内容や出来事)

【良い例文】

〇君のあれ、可愛くて今でも思い出しちゃう(隠れた思い)

今度来たら話すね(営業)

◯君からのプレゼント、ここに飾ったよ!

《写真》

次はいつ会える…?

男性は女性の意味深な態度や、言動に惹かれます。そのうえで特別感があればなおさら良いです。

重要なのは、心がこもっているということが分かるように書くこと。あれが楽しかった、これが面白かったはその辺の小学生でも書けます。

同じ文にならないように、ほんのちょっとでいいので毎回工夫を凝らすようにしましょう。

日記更新で大事なポイント

マメな更新

適度なペースで写メ日記を更新し続けるマメさこそが大事です。これはベテラン風俗ユーザーほど力説しています。

たとえば出勤予定日に体調が悪くなってしまい、お休みするとします。写メ日記で自分から休むのなら休むと告知、または「休んでしまってすみません」と後からでも連絡する女の子は、告知しない女の子よりも絶対に信頼できます。

このようなマメさを、ベテラン風俗ユーザーであればあるほどよく見ています。

まとめ

マメに更新し、心がこもった文章を書く。意味深な言動も添えられればなお良し。という感じです。

文章というものは訓練次第で誰でもうまくなります。すぐに理想の文が書けなくても良いのです。心がけるだけでも大分違いますよ。

この記事のライター

アイ

アイ

...